ホーム >> 会社案内 >> 

創業の立志を永遠の未来へ。

日本化学工業所について

 弊社は大正9年、故田中茂木により創立されました。創業時を回顧して、彼は後年次の如く語っております。
「額に汗して働くということで製造業を、製造した商品がより多くの人々から喜んでいただけるということで、第一次世界大戦のためヨーロッパよりの輸入が途絶えがちだった染料の国産化を決意したのであります。
 しかし、日本全体の化学技術が未熟だった大正中期に先進ヨーロッパに対抗し得る商品を創ることは夢に近く、創業前後の数年間は筆舌に尽せぬ苦難の連続であった」と。
 以来90余年、世は移り人も又変わりましたが「額に汗して、よりよい商品を製造し、より多くの人々に喜んでいただく」という明治人らしい素朴な創業の立志が、星霜に耐え経営の理念として今なお、誇りを込めて受継がれています。

ページ上部へ戻る