ホーム >> 会社案内 >> 

沿革

沿革

1920年 11月 - 創業者、田中茂木が日本化学工業所を創立し、染料
製造(塩基性染料)を開始。
1938年 8月 - 直接染料、硫化染料の製造開始。
1958年 1月 - 株式会社組織となる。田中清一郎初代社長に就任。
1962年 5月 - 世界に先駆けポリプロピレン繊維用蛍光増白剤の開
発に成功。
1963年 2月 - 蛍光増白剤の製造開始。
1968年 11月 - フタロシアニン染料の製造開始。
1969年 4月 - 製紙・パルプ用液体染料の製造開始。
1971年 4月 - 高染着性紙用黄色塩基性染料を開発。
1975年 10月 - 株式会社日本化学工業所の商事部門として日化株式
会社を設立。
1975年 12月 - 田中茂也社長に就任。
1976年 11月 - 株式会社日本化学工業所、優良申告法人に選定される。
1976年 11月 - 田中清一郎(会長)黄綬褒章受章。
1977年 6月 - 田中俊樹社長に就任。
1992年 3月 - 電子基板用特殊機能性化学品の製造開始。
1993年 2月 - 新型紙用黄色カチオン染料の製造開始。
1993年 4月 - 田中俊樹社長科学技術庁長官賞受賞。
1994年 3月 - 排水処理設備を増強。
1995年 4月 - 田中俊樹社長黄綬褒章受章。
1997年 2月 - 樹脂用蛍光増白剤をシリーズ化。増産設備設置。
2000年 3月 - 立体自動倉庫を設置。
2000年 10月 - フタロシアニン染料の増産設備を設置。
2002年 8月 - 田中俊一社長に就任。
2007年 4月 - マルチプラント設備設置。
2007年 8月 - 文部科学省所管「都市エリア産学官連携促進事業(発展型)」に参画。
2010年 6月 - わかやま産業振興財団「平成22年度新連携共同研究事業」に当社研究が採択される。
2010年 8月 - 新本社事務所・研究棟竣工。
2010年 8月 - 和歌山県「先駆的産業技術研究開発支援事業」に当社研究が採択される。
2010年 12月 - 新規の電子基板用特殊機能性化学品の製造開始。
2011年 6月 - わかやま産業振興財団「平成23年度新連携共同研究事業」に当社研究が採択される。
2011年 12月 - 経済産業省「KANSAI モノ作り元気企業100社」に選定される。
2012年 7月 - 第二汎用設備設置。
2013年 10月 - ISO9001認証登録を受ける。
2015年 5月 - 製紙・パルプ用液体染料の新工場竣工。
2015年 11月 - 和歌山県「先駆的産業技術研究開発支援事業」に当社研究が採択される。(2回目)
2015年 11月 - 株式会社日本化学工業所、優良申告法人に選定される。(9回連続)
ページ上部へ戻る